本事業は、文部科学省主催の「先端研究基盤共用促進事業(共用プラットフォーム形成支援プログラム:プラットフォーム名称;原子・分子の顕微イメージングプラットフォーム)」の採択にあたり、平成28年度から北海道大学を代表機関とし、広島大学および浜松医科大学を実施機関とした3国立大学法人の連携により先端的イメージング分析装置のプラットフォーム化を図るものです。

原子・分子の顕微イメージングプラットフォームHP(別のタブで開きます)

 広島大学では、一細胞解析を中心に直接細胞をゲノム・プロテオーム解析する世界初の解析技術を開発してきており、細胞個々の薬剤や環境因子への反応性、細胞分裂や細胞寿命、発生・分化・老化解析、成分分析・環境エネルギーなど応用範囲の広い独創的な技術を提供してきました。その解析技術の向上のために、超高解像度イメージングシステムや凍結・生体材料対応の走査型電子顕微鏡を導入し、さらに質量顕微鏡も連動させることで細胞表面から細胞内部までを詳細に解析できるシステムを構築してきました。これにゲノム解析(ゲノミクス)を連動させた解析は極めて有用であり、創薬・健康食品・環境工学など広い分野からの利用実績があります。これからも、本解析システムを基にますます多方面への展開を進めていきます。

 当大学では、このような先端機器の利用を促進するだけでなく、依頼測定も実施していますので、ぜひご利用ください。

マイクロアレイ解析装置
マイクロアレイ解析装置
細胞採取装置(レーザーマイクロダイセクション)
細胞採取装置
セルソーター
セルソーター
リアルタイムPCR装置
リアルタイムPCR装置
次世代シーケンサーMiSeq
次世代シーケンサー(MiSeq)
次世代シーケンサーHiSeq 2500
次世代シーケンサー(HiSeq 2500)
デジタルPCR
デジタルPCR
質量顕微鏡システム 高速液体クロマトグラフ質量分析計
質量顕微鏡システム および 高速液体クロマトグラフ質量分析計
電界放出形走査電子顕微鏡
電界放出形走査電子顕微鏡
超解像度イメージングシステム セルアナライザー
超解像度イメージングシステム および セルアナライザー

新着情報

2016年4月13日

共用機器の変更と料金改定について

2016年4月13日

☆事務担当変更のお知らせ☆

2016年3月8日

平成25年度~平成27年度 成果報告会が開催されました。

>> 過去の新着情報